成功のサイクルを回し続ける『イケてる人間の3条件』


 

「イケてる人の条件、3つあげてみて。」先日、インターンの上司とこんなことを話していました。イケてる人とはいっても、具体的には表現が難しいものではあります。

その問いに対して、上司の言った3つの条件。

「『行動する』『成果を出す』『自信をもつ』、この3つだと思う。」

行動して成果を出せたら、自信を持てる。自信を持てたら、行動できて成果を出せる。この3つの条件は、成功のサイクルをまわし続ける。すごくシンプルで、否定のしようがない3つの条件。

53129860416bf17036839438697de25e_s

まずは『行動する』。人は、自分が思っている以上に行動できていなかったりする。『○○したいと思っている』『○○を目指している』と言って、なんだかしたつもりになったり、自分に言い訳をして諦めたり。『参考書を買って勉強した気になってしまう現象』と呼ぶと分かりやすいかと思います。

重要かつ最も難しい第一歩『行動する』が、できないと物語は始まりません。けれどもどうして動けなくなるのか。人は考えすぎると、安全な答えを導きがちです。けれどもそんな安全策は簡単に見つかるものでもない、見つかったとしても難易度の低いものになってしまう。そうして結局、行動という行動ができなくなる。

行動することは不安で怖いかもしれない、何かを失ってしまうかもしれない。けれども、ものは言ったもん勝ちですし、そこからのやったもん勝ちだと思うのです。それならどんな賭けだろうと、頭から突っ込んでいく。その後に前転しようが宙返りしようが、着地できれば死にゃあしないんですから。

2007122914365026_2

そして次の『成果を出す』。いけてる人の条件で私ができていないと感じるものは、間違いなく『成果を出す』ことでした。それは今までを振り返ると、結果が出ても成果を出せたものがまるでなかったことに気づいたからです。

結果と成果、似ているようで全く違うこの2つ。結果とは、ある原因や行為から生じた結末や状態のことをいいます。成果とは、あることをして得られたよい結果のことをいいます。つまり結果は成果の前段階なのです。

この2つの違いに気づかないことは、とても危険なことのように感じました。そこに気づいたのはインドでのインターン中。私は上司からずっと『成果にこだわれ』と言われ続けました。けれども、成果と言われてもいまいちピンと来ない、正直分からない。

【『特別でなければいけない』なんて、誰も言ってない。】に書いていたように、付加価値ばかりつけようとしていた私は、上司のいう成果をまるで出せませんでした。上司の求めるものを作れなければ、やっていないのと一緒。だからこそ私の作った成果(のつもり)のものを見ても、「これが何の成果になってるの?」と返されてばかりでした。

その時の私は成果にはこだわれず、結果だけ作っていたように思います。結果は誰にでも出せます。その先にあるもの、課題を解決して何かしらの利益を生み出したものが成果になるのです。こうして今一度自分の人生を振り返っても、成果を出せた経験が見当たらなかったりするものです。

968b5e17e83b465d860353ea11ffd833_s

そして最後の『自信をもつ』。成果を出したことがないと心の中で気づいていた私は、もちろん自信はありませんでした。だからこそ前出した記事にも書いていた通り、私は自分に自信がないのに誇大して魅せようとしていました。

自信とは、次のステップへのアクセルをふむ役割。自信がないと、人は心地のよいコンフォートゾーンから動けなくなるものです。自分を認めてくれる環境で、自分を認めてくれる人たちの中で生きていく。それでは一向に次のステップには進めません。

だからこそ『今のままではいけない』と思いうずうずしているのは、自分に自信がつき始めているサインなのかもしれません。そこから行動できれば、というまた大きな壁があるのですが。

 

以上、長くなりましたが『イケてる人間の条件』について書いてみました。もちろん私はいけていません…。『コンフォートゾーンから抜け出せよ。』『お前成果出してる?』と問われる日々です。

春、はじまりの季節。新しい環境に飛び込んだり、新しい出会いが待っている、そんな季節に。この3条件を意識するだけで、未来は今よりイケているかもしれません。