プレゼントにまつわる、7つの広告。【#アドカレ2015】


アドベントカレンダー企画4日目担当、みやけよう(@yo_0104 )という者です。

インタビュアー、ときどきライター、
カレーと広告と塩顔が好きな女子大生です。

最近は自撮ラーと呼ばれています。

 

【#アドカレ】13人の「プレゼント」と題して、クリスマスまでの25日間、13人がリレー方式で記事を書くというこの企画。

テーマは”プレゼント”ということなのですが、プレゼントを渡し合うキャッキャウフフな人生を送れなかった身として苦しかったのですが、

アドベント……アド……advertisement !広告!!

ということで『プレゼントを贈りたくなる、プレゼントがほしくなるキャンペーン・プロモーション』について、ここ一年くらいの事例を7つまとめてみました(‘ω’)ノ

 

 

プレゼントを贈りたくなるプロモーション

【1】SNSを覗き見・分析!『Secret Scan-ta』

スーパーマーケットTESCOが行った、Webアプリを使ってプレゼント購入を後押しするキャンペーン!

1416584230561_Image_galleryImage_Tesco_Santa_1_jpg

出典:http://www.dailymail.co.uk/home/index.html

クリスマス前に抱きがちな『何をプレゼントしていいか分からない…!』という悩みを解決するキャンペーンが『Secret Scan-ta』です。

Twitter上での家族や友人の発言を収集・分析し、相手にぴったりのプレゼントを簡単に見つけることができるという(末恐ろしい)アプリになっています。

広くカバーした商品ラインナップはTESCOで購入することができ、TESCOの会員プログラムTesco’s Clubcardへの登録促進がキャンペーンの狙い。プレゼントを贈りたい相手の今欲しがっているものや、興味関心を分析することで、個人に最適化して思いやりに富んだクリスマスプレゼントを贈ることができるんですね……。

 

 

【2】もっと自分自身のためにお金を使おう?『Sorry, I Spent It On Myself.』

カンヌライオンズ で4部門でグランプリを獲得した、イギリスの百貨店Harvey Nicholsのプロモーション!


出典:https://www.youtube.com/

Harvey Nichols実店舗とオンラインストアで購入することができ、3日間で全2万6000点が完売したというこのプロモーション。

『家族や恋人へのクリスマスプレゼントを選んでいたのに、ついつい自分のものを買っちゃった!』という経験、ありませんか?(日本だとあんまりないのかも…)

そんな人々をターゲットに発馬されたクリスマスギフト向けの新たなプロダクトラインが『Sorry, I Spent It On Myself.』です。

パッケージに「ごめん、自分のために使っちゃった。」と書かれたコレクションの商品ラインナップは、歯ブラシやクリップ、つまようじセットなど安価のものばかり。『プレゼント代を浮かせて、もっと自分自身のためにお金を使いませんか?』というHarvey Nicholsからのメッセージになっています。

 

 

【3】常夏沖縄にサンタ降臨『デパートリウボウXMAS ハーフサンタ』

百貨店リウボウが、沖縄でクリスマスプレゼントを贈る文化を根付かせることを狙ったキャンペーン!


出典:https://www.youtube.com/

沖縄の百貨店リウボウが行ったこのキャンペーン動画では、ある女性が母親の還暦のお祝いにサプライズプレゼントを渡す場面をこっそり撮影しています。

すると現れたのは、半分がサンタクロースの服で半分がかりゆし風のシャツを着たセンターマンなサンタクロース(?)(とてもシュール)

キャンペーンの参加希望者は、このサンタクロース(?)にプレゼントしたい商品を直接伝える、またはデパート店内に設置されたポストに手紙を入れることでリクエストでき、当選者は希望した商品を半額で購入できる仕組みだったそうです。

たしかに南国でクリスマス感のない沖縄だからこそ、できた陽気なキャンペーンなのかもしれません。

 

 

【4】笑顔もまとめてラッピング『I WRAP♥YOU(アイ・ラップ・ユー)』

『PLAZA』などを運営するプラザスタイルが、創業50周年プロジェクトの第一弾として行ったキャンペーン!


出典:https://www.youtube.com/

新発想ラッピングイベント『I WRAP♥YOU(アイ・ラップ・ユー)』は、商品購入者が店内にある専用ブースでカメラマンに “笑顔” を撮影してもらい、顔写真の印刷された世界でオンリーワンのラッピングペーパーを作製・プレゼントをラッピングもしてもらえる企画です。

『贈ることの歓び、もらうことのおどろきをより楽しんでもらいたい』という、笑顔に溢れたキャンペーンですね!

 

プレゼントがほしくなるプロモーション

 

【5】我慢すればクーポンになるよ?『The Chocolate Flyer – SureSlim』

南アフリカの美容クリニックSureSlimが行ったプロモーション!


出典:https://www.youtube.com/

『The Chocolate Flyer – SureSlim』では全面チョコレートでできたチラシを、食・健康・ブライダルに関するエキスポで配布。

同封された手紙には『本気でダイエットしたいなら、SureSlimの店舗にチラシを持ってきてください。食べ残しのチョコブロック1個あたり1%料金を割引にします。』と書いてあり、受け手の気持ち次第で割引率の変わるクーポンになっているのです。

”顧客一人ひとりに合わせてカスタマイズできるダイエットプログラム”を訴求した、乙女心と遊び心のある企画です…!

 

 

【6】電車待つならカラダ動かそう!『Subway Pump Battle』

人気スポーツ用品ブランドReebok(リーボック)が、韓国の地下鉄構内で行った一般参加型プロモーション!


出典:https://www.youtube.com/

韓国の地下鉄構内で一般参加型のイベントとして実施されたこの企画は、Reebokのランニングシューズ『ZPump Fusion』のプロモーションを目的にしています。

ホームで電車を待っていた無作為に選ばれた2人の乗客にボタン早押しゲームで対戦してもらうというもの。 ホームドア上には光るボタン(ZPump Fusionを想像させるポンプ型)がいくつも設置されており、時間内により多くのボタンをタッチしたほうが勝者として『ZPump Fusion』をプレゼント!

韓国のオフィスワーカーが抱える運動不足問題に目を付けたプロモーションになっています。

 

 

【7】『くばら あごだしチャレンジ』

最後は記憶にも新しい、久原醤油が新商品『あごだし鍋スープ』の発売記念に行ったキャンペーン!

cached
出典 http://400m.jp

久原醤油の行った、毎日5万円が当たるという太っ腹なプレゼントキャンペーン『くばら あごだしチャレンジ』

応募条件は”スマホでサイトを見るだけ”とシンプル…かと思いきやスマホサイトは日本最長の400m。陸上競技場一周分を最後までスクロールした人だけが応募フォームにたどり着ける、という忍耐力を試されるキャンペーンになっているのです。

『”あごだし”と言えば、”くばら”と覚えてもらいたい』『会社ロゴと“あごだしのくばら”という言葉に長時間接触できるウェブ施策』ということで生まれたのが、あご(トビウオ)の飛行距離400mを実際に体感できるこの企画だったそう。(サイト見たけどやらなかった人)

とはいえ10日間で応募総数5万通を超え、サイト閲覧数は90万PVを記録したとのことで、第2弾の『あごだしチャレンジ』の検討をしているようです。

 

 

国内外の『プレゼントにまつわる、7つの広告。』はいかがでしたでしょうか…!

最後に主宰者のうじ (@ujjjj)さんへお誘いいただいた感謝のお礼と、本日誕生日ということで、プレゼントを贈りたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0729

うじの『う』の形です、保存してください。

 

おわり!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

【#アドカレ】13人の「プレゼント」プレイバック

 

1日目:カヤックの謎かけプランナー『うじ (@ujjjj)』さんの
【#アドカレ2015】ビジネスマン必見!!プレゼンをプレゼントに変える「マジックプレゼン術」

2日目:アルファツイッタラー『とおるくん(@toru_kunn)』の
プレゼントは宇宙人【#アドカレ2015】

3日目:大学一年生の漫画描き『山科ティナ(@tinarubii)』ちゃんの
漫画「3種のプレゼントおねだり」【#アドカレ2015】

 

 

そして明日、5日目担当は…

SNSポリスなど人気作品を連載中の
『かっぴー(@nora_ito)』さんです!

マンガで世の中を取り締まっている、そんなかっぴーさんの”プレゼント”をお楽しみに!