『今は今しかない』って、生き急ぐことなのだろうか。


『しばらく隠居します』

そう言い放っていた3月から半年が経ち、有言実行できたので久しぶりに文字と向き合っています。

「ようちゃん忙しそう」「忙しいのにごめんね」

誰かと連絡をとる度にこのフレーズが現れて、なんだかそうだったよなあ』と他人事のように思っている自分がいる。それくらい暇を持て余した日々を半年ほど過ごしてきて、考えたことを書こうと思います。

photo0001_2

『今は今しかない』

これは私の大切にしている言葉で、キッカケは震災にありました。

いつも見ていた人たちが、いつも帰っていたあの家が、街が、たった一瞬でなくなってしまった。当たり前は、いとも簡単に崩れさってしまうものだと知りました。

『今は今しかない』

大学入学を目前にしていた私は、”当たり前に甘えず、後悔しないように、今その一瞬を走り抜けていこう”と心に刻んだことを覚えています。

 

そうして振り返ると、大学入学後は望んでいたようにずっと”めまぐるしい日々”だったと思います。

サークル、学外の活動、イベント、人との出会い、ライター、インタビュー、就活、インド、タイ、長期インターン。ざっと数えても20以上のコトに首を突っ込んできました。

周りと比較して焦り、悩み、とりあえず動く。勢いに任せて、「なんでもやります!」とアレコレとやってみる。

その繰り返しで、今思えば、ただただ生き急いでいました。

a1620_000552

隠居しようと決めた今年3月、私はスケジュールをパンパンにする毎日も、なにかを大きく発信することも、自分からアクションを起こすことも、すべて止めました

それは単純に、何かに急かされる、そんな毎日に自分が壊れそうになったからです。

 

それからの生活はというのは、朝起きて、LINEツムツムやって、ご飯作って食べて、マンガボックス読んで、ご飯作って食べて、寝る。家の中にいるだけで落ち着かなかったような自分が、立派なまでに引きこもっていました。

ただ、この生活が私に気づかせてくれたこと。それが今日ここに書きたいことなのです。

 

 

『今を全力で生きる』とか、『変化し続ける』『成長し続ける』とか、意欲的な人に多く根付いている意識で。また私もそのうちの1人ではあるのですが。

『今は今しかない』と、この一瞬を噛み締めて、大切にすることを忘れていたなぁと思うんです。目の前のヒトを、コトを、モノを、大切にできていなかった、と。

 

「なんでもやります!」の裏返しは「なにも責任もっていません!」でしかなくて、自分の無責任さを『今は今しかない』という言葉のせいにして。

勢いで言いくるめる、言い訳をキレイゴトにする。そんなことはもうしたくないなと、このゆったりと過ぎた半年間で気づかされたことでした。

air-bird-free-hands-sky-Favim.com-450452

『今は今しかない』って、生き急ぐことなのでしょうか。私にとって『今は今しかない』とは、この一瞬を噛み締めて丁寧に生きていくことのように、今だから思います。

もちろん人にはそれぞれの生き方・考え方があります。先を見て変化しよう成長しよう、突っ走ることもイキイキとできる生き方だと思います。

ただ、その長い道を走り続けてふと立ち止まった時、周りには誰もいなくて、自分の思っていた道ではなかったらどうしますか?そこで呆然と立ち尽くす姿を想像すると、とても怖くて。

 

今日ここに記した気づきは、きっとこれからも忘れてはいけない言葉だから。心に上書きします。

今は今しかない。
この一瞬を噛み締めて丁寧に生きよう。
目の前のヒトを、コトを、モノを、大切にしていこう。