【広告の未来を創りたい】デジタルハリウッド『夢、急募プロジェクト』に当選しました!


 

インドに行ったりタイに行ったり、いつもお騒がせしていますが…まずはご報告から。

 

このたび、みやけようはデジタルハリウッド『夢、急募プロジェクト』にて、当選のご連絡をいただきました。

当選するまで、応募したことも周囲に全く言わず、今日のHP公開のタイミングでご報告させていただきました。

まことに臆病な人間です(笑)。

 

まずは自分の興奮冷めやらぬ感情云々より、このプロジェクトの詳細からお話します。

 

デジタルハリウッドとは

映像やプログラミング、デザインなど、幅広い分野において一流のクリエイターを輩出することを掲げた学校。

 

そのなかでもデジハリオンラインスクールが打ち出したものが、今回の『夢、急募プロジェクト』でした。

 

デジハリ『夢、急募プロジェクト』とは?

スクリーンショット 2014-08-22 18.20.20

あなたが持っている、
デジタルの力を使って叶えたい「夢」をエントリーしてください。

2つの選考の後、投資対象に選ばれた方には、
デジハリの講座を無料で受講いただけます。

ー引用:http://online.dhw.co.jp/dream/#section-1

というプロジェクト。”当選者はデジハリの講座を無料で受講できる”ということもあり、この応募が始まった当時、SNSでは拡散の嵐…!

当の私もこのプロジェクトは偶然、Twitter上で見つけて応募しました。

『応募者多数のため選考が長引いており…』という連絡を受ける度に、ヒヤヒヤしていました…(笑)。

 

数ある選考を経て、この結果、夢も年齢も性別も違う12名のうちの1人として、デジハリの講座によって夢の実現を目指すことになりました。

社会人、主婦、プロのクリエイター、アイドルまで…本当に多種多様な、強い想いの夢を持った方々が集まっています。

今から、自分のキャラの薄さが心配です…(笑)。

 

広告の未来を創りたい

私の掲げた夢は、『広告の未来を創りたい』というものでした。詳しくはこちらに書いています。とてつもなく偉そうです(笑)。

http://online.dhw.co.jp/dream/announce/03.html

 

どうしても広告が好きだということ。 広告が自分のように思えて心が痛くなること。

自分でもどうしてこんなに想ってしまうのか、分からなくなります。

とはいえ特に何か実績があるわけでもない、能力があるわけでもない、今の私には何もしてあげられないということ…。

私はずっと、この想いのなかで悩んできました。

 

広告への想いを語っても、数多くの大人の方から「どうして広告なの?」「広告は辞めた方がいい」

時には「向いていないよ」と言われ、それでも何も言い返せない自分がいました。

だって、私には何もできないから。

 

だから今回このプロジェクトに応募しようと思ったのも、私の覚悟でした。

これだけ注目されているプロジェクトで夢を公表してでも、私の本気をどうしても伝えたかった。

広告の未来を創れる人になりたかったんです。

f7dda99e601d1c80f47c37dd7a5e6bb2

 

受講するプログラム

私が受講するのはCG・映像「完全パック」”です。

全8ヶ月にわたり、『映画、ゲーム、CMなどあらゆる映像表現に挑戦できる究極のパック』ということで選びました。

 

けれども、実をいうと選考当時はWebマーケティング系の授業と迷っていました。

それも広告の未来のために、今何を学べば良いのか、何の力をつければ良いのか分からなかったからです。

 

『広告の未来を創る』という夢のもと、絞れてもWebマーケティング系・映像の2ジャンル。

広告が多様化する今、私はどのコースにしても自分の夢を叶えるべき必要不可欠なステップであると思って、面接でもお話ししていました。

 

『広告の未来を創りたい』なんて、ただでさえ抽象度の高い、プロセスも分かりにくい夢。

選考担当の方々にはとても苦労を強いてしまったと思います…。(しかも当時はインドにいました)

 

それでも最後は、動画コンテンツの今後の可能性を考えても、広告そのものの表現としても、夢を叶えるプロセスとしても可視化しやすいものを。

そうして映像技術を学ぶ必要性を感じ、CG・映像「完全パック」”で学ぶことを決めました。

私の想いは、このメッセージに詰め込んでいます。

スクリーンショット 2014-08-22 18.51.32

 

なにかと『いつもコソコソ、ちゃっかり何かやっている』とよく言われますが(笑)、今回このような素敵な機会をいただけて本当に嬉しいです。

機会を与えてくださったデジハリオンラインスクール関係者の方々には、深く御礼申し上げます。

 

とはいえ、ここは夢への出発点にすぎません。

”広告の未来を創る”なんて、抽象的で何ができるかも分からないことを言っていますが、夢を応援されるという良いプレッシャーを感じながら、夢に全力で向き合っていきたいと思っています。

 

今後は受講の様子など、ブログにて書いていく予定です。どうぞよろしくお願いいたします。

みやけよう