他人事にしてしまったら、変わるはずの世界も変わらないんだ。


正直、インドにいるという理由だけじゃなくて
日本の政治とかよく分からない

憲法解釈の変更による集団的自衛権の行使容認が閣議決定

賛成・反対も何も言えない
だってよく知らないから

ただ、戦争がしやすくなるかもしれないってことでしょう?

そのなかで、たいせつな友達が声をあげていた

賛否ではなく今こうして起きている現実を
デモを見にいこう』

そうだよ
知ることに意味がある
見ることに価値がある

他人事にしてしまったら
変わるはずの世界も変わらないんだ

d0a531de339e5b8d8c14b03b1343d12a

わたしは高校生のとき、デモに参加した

全国でも珍しい、公立の女子校に通っていたわたし
1年生のとき、県内すべての男女別学高校が
共学化することが決定された

けれども、わたしは1年生
伝統的にも下学年が何かするなんて難しい
わたしひとりでは、何も出来なかった

『最後の抵抗だ』
そんな時に、ある男子校が声を挙げて起こしたデモ

参加者はほとんど主催校の男子
私の高校からの参加者なんて
両手で数えられるほどしか居なかった

それでも、おかしいと思うから参加した

学生たちの意志を無視して
変な言い訳をつけて強行に共学化を進める大人たち

そんな事情、知るかってんだ

Walking

けれども結局、共学からは逃れられなかった

私たちには社会を
世界を変えられなかったのだ

悔しくて、無力な自分を責めた
もっと何かできたはずだって
動けたはずだって

自分が大人だったら、自分に力があれば
もしかしたら未来を変えられたのかもしれない

だから今こうして
うるさいくらいに、ものを書いている

何かちょっとでも変わるかもしれないから

これが今のモチベーションに
繋がっているひとつの出来事だったりする

walking_alone

この世の中にたくさんの人がいる
人の数だけ考え方があって
人の数だけ思想がある

正しい正しくないなんて、今は分からないよ
誰も、神様じゃないんだから

だけど、自分の想いは言葉にしなければ
発信しなければ

誰も気づいてくれやしないんだ

『出る杭は打たれる』というなら
いちど打たれるまで出てみようよ

これからを作っていくのは
自分たち若者なんだから

もっと自分ごとにしようよ

他人事にしてしまったら
変わるはずの世界も変わらないんだよ